読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストinアメリカ

アメリカ人夫とアメリカ・カリフォルニア州で暮らすミニマリスト主婦のブログ

Kindleの積ん読本をiPhoneの自動読み上げを使って読破しよう!

IT・ガジェット
スポンサーリンク

Kindleでは日替わりセールや月替わりセールなどで魅力的な本がお安く売られていてついつい買ってしまいます。まだ読み終わってない本がいっぱいあるのに!

油断するとすぐに溜まってしまうKindleの積ん読本。
iPhoneでSiriに読み上げてもらえば読破できるんじゃないかと思い設定してみました!

そこで今回は、
Siriがあなたに代わってKindle本を音読してくれる!
自動音声読み上げをiPhoneで設定する方法
をご紹介します!

ゴールイメージ

▼今回ご紹介する設定をすると、以下の3ステップでKindle本の音読が始まるようになります!

  1. 読み上げてもらいたい本を表示する
  2. ホームボタンを3回クリックする
  3. 指2本を使って上から下にスワイプすると読み上げ開始!


そしてホームボタンのトリプルクリックで読み上げ終了です。

(漫画本など一部の本は非対応)

設定方法

設定 >一般 >アクセシビリティ

>ショートカット(一番下にあります) >VoiceOverにチェック

以上!早っ!!

実行方法

設定が終わったら早速試してみましょう!

読み上げてもらう手順は、

  1. キンドル本を開く
  2. ホームボタンをトリプルクリック
  3. 2本指で上から下にスワイプ

でしたね。

そしてホームボタンのトリプルクリックで読み上げ終了です。

More Info
ステップ②のホームボタンのトリプルクリック後、Siriが「Voice Overオン」と発言します。
その後に、ステップ③の2本指で上から下にスワイプを行ってください。
(注意:Siriは「Voice Overオン」の後にもしゃべり続けますが、スルーして速やかにステップ③に移行しましょう)

ちなみにKindleだけじゃなく、Chromeのwebサイトや、はてなブログ(アプリ)も読んでくれます!
やり方はKindleと同じで、

  1. 読み上げて欲しいページを表示
  2. ホームボタンをトリプルクリック
  3. 2本指で上から下にスワイプ

です!
そしてホームボタンのトリプルクリックで読み上げ終了です。

Chromeやはてなブログをスムーズに読み上げてもらうにはちょっとしたコツがありますので、また改めてご紹介します!

他にも色々なアプリが読み上げに対応しています!色々と試してみてくださいね(^^)

iPhoneを触っている時に間違えてVoice Overをオンにしてしまった時は、ホームボタンのトリプルクリックで解除できますので 覚えておいてくださいね(^^)

使用感

かーなーり!カタコトです。が、慣れてくるものです。Siriのクセ(性格)が分かってきたような、ちょっと仲良くなれたような感覚になります(?)

ちなみに私は小説は読まないので分かりませんが、小説のような感情に訴えるようなものはSiriさんは向いてないと思われます!笑
ビジネス本や自己啓発本がお得意のご様子です!

簡単な設定でKindle本がオーディオブック感覚で楽しめるので是非試してみてくださいね(^^)

Voice Over機能について

本来、Voice Overは視覚障がいの方を想定した音声アシスト機能です。

この機能をオンにすると、選択中のアプリや操作方法など、1つ1つの動作を音声で案内してくれます。

そして操作方法も、

  • アプリの選択などはシングルタップからダブルタップに
  • スクロールするには3本指を使う

という風に変わります。

前述しましたが、
iPhoneを触っている時に間違えてVoice Overをオンにしてしまった時は、ホームボタンのトリプルクリックで解除できますので 覚えておいてください!
解除しない限りSiriがしゃべり続けることになりますよ!


※こちらは2016/2/28に書いた記事を読みやすくするためリライトしました。