在宅ワークinアメリカ

アメリカのお得情報や副業・ポイ活情報などを発信中☺︎︎

図表や挿絵で止まらない!iPhoneの読み上げ機能を使ってKindle本を聴く方法

予め、

設定 > 一般 > アクセシビリティ > スピーチをオン

にしておき、画面を上から下へ向かって2本指でスワイプすると、Kindle本やWebページなどを読み上げてくれるiPhoneのスピーチ機能。


とても簡単で便利ですが、これだとKindle本で図表や挿絵が現れる度に止まってしまい、再度スタートさせるのが面倒ですよね。



今回は、図表や挿絵で止まらずにKindle本を聴ける、とっても簡単な方法をご紹介します!

図表や挿絵で止まらない!iPhoneの読み上げ機能を使ってKindle本を聴く方法

①まず読みたいKindleを開く。


「Hey Siri、ボイスオーバーオン」と言う。


「Hey Siri、Kindle」と言う。


※Kindleが立ち上がり、読み上げが始まる。


④2本指で上から下にスワイプする。


⑤終了するときは「Hey Siri、ボイスオーバーオフ」と言う。

NOTE

「Hey Siri」の代わりに右のサイドボタン長押しでSiriを呼んでもOK(iPhone 8以降)。
(~iPhone 7はホームボタン長押しでSiriを起動)

②※で読み上げが始まるが、④をしないとそのページだけ読み上げて止まる(次のページ以降を読み上げてくれない)。


これで図表や挿絵で止まらず、Kindleを耳で楽しめます。


家事や運動をしながらどうぞ!

便利技

画面の回転をロックする

画面の回転をロックしておかないと、画面が縦や横に入れ替わる度に読み上げが止まってしまいます。


画面を回転をロックする方法は、

Kindle本を開き、画面を縦横にすると右下に鍵のマークが出てくるので、これをタップしてロック・ロック解除の切り替えをします。




バッテリーを節約する

画面が付きっぱなしだと充電が気になる方や、寝るときに画面を暗くしたい方は、スクリーンカーテンを使いましょう。


スクリーンカーテンのオン/オフ方法は、

3本指で画面を3回タップするだけ。


↑この工程を先ほど紹介した手順の※と④の間に挟みます。

あとがき


(画像はこちらで作成しました)

私は書籍やまんが、雑誌など12万冊・洋書120万冊以上が月額980円で読み放題のKindle Unlimitedを2016年のサービス開始からずっと契約しています。


仕事(*在宅ワーク*)や家事、子育てで毎日忙しいですが、iPhoneの読み上げ機能を使って家事や単純作業をするとき、寝るときなどに本を聴いているので、多い時は月に100冊ぐらい本を聴いてると思います。


Kindle Unlimited × iPhoneの読み上げ、インプットにかなりおすすめです!


Kindle Unlimiteの無料体験はこちらからどうぞ!
Kindle Unlimiteを30日無料体験する

Kindle Hacks!

読書を習慣化する方法
Kindle印刷方法。旅行のガイドブックなどに便利!