読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミニマリストinアメリカ

アメリカ人夫とアメリカ・カリフォルニア州で暮らすミニマリスト主婦のブログ

初めての女子1人車中泊!車で寝てみたレポート!

その他
スポンサーリンク

旦那さまがまた出張なので、昨夜送り出した後そのまま車で寝てみました!

たまにシートを倒して30分とか、後部座席に横になって1時間程度仮眠することはありますが、今回は後部座席のシートを前に倒してフラットに!本格的なヤーツ!!

前から車で寝ることに憧れていて、最近はキャンピングカーで生活しているプロブロガーの記事を見る度に心が躍っていました♪
女性なのに珍しいですかね?

ちなみに寝たところは旦那さまの職場の敷地内の駐車場。(IDがないと入れないのでホームレスや身元が分からない変な人はいない)
女性なので安全には一番気を付けたいですね!

スケジュール

~20:00までに水分を取っておく(トイレ対策)

  • 20:00 自宅を出発
  • 20:30 途中、ファーストフード店で食事(水分は2、3口程度)、トイレを済ます
  • 21:30 最後にマックでトイレに行き、旦那さまを見送る

~就寝

トイレは行こうと思えば近くにあったのですが、起きて行くの面倒くさいのでしっかりと対策をしました!
お陰で朝まで大丈夫でした(笑)

GMCのDENALI
私は車に全く詳しくないのでざっくりとしか言えないのですが、大きいです!(←ざっくりすぎw)

ベッドメイク

シートを敷く

日本で買った(確かドンキ?)キャンプなどでおなじみの銀色のシート

寝袋をセット

フラットにすると運転席側(高)からトランク側(低)にかけて傾斜があったので、足を高く(運転席側)頭を低く(トランク側)して寝ました。
ちなみに体を斜めにしないと真っ直ぐ寝れませんでした(身長161cm)。

逆だとだんだん滑って下にずり落ちてきて、足が曲がって寝心地が悪くなるということを学びました!
それに足を高くして寝ると健康にいいって言いますよね(^^)

枕はいつも車に積んでいるバスタオルで代用(ブルーのストライプのやつ)

最後にドアを全部ロックして、運転席と後部座席の窓4つ少しだけ開けて、サンルーフも開けて準備OK!
サンルーフって開けても防犯上問題ないし、車内泊する時便利ですね!

収納時

そんなにかさばらずコンパクト!
シートと寝袋はいつも車に積んでいます。防災にもいいですよね!

車にいつも積んでいるバスタオルには予備の靴下を挟んでいます。
夏はサンダルが多く裸足の時が多いので、ちょっと寒いときに助かるんですよね。

畳む時は最後片方をもう片方に入れ込んで畳むと広がらず扱いやすくなります




予備の下着や小タオルも挟んでおくとより安心ですね(^^)

感想

22:00ぐらいから朝8時ぐらいまで寝ました(笑)
いつも思うのですが、寝袋の、あの「包まれてる感」って何だか安心しますよね(^^)

とはいっても、途中体勢を変えたり、体が痛くて何度も目が覚めましたが、まぁ1、2日ぐらいなら我慢できるかな、といった印象です。

というかむしろ劣悪な環境でも寝れるように鍛えたいタイプなので(←どんなタイプやねんw)私は大丈夫でしたが、枕や寝心地にこだわる方は1日で「もうヤだ!!」ってなるかも?こればっかりは人によりますね。

でもやっぱり銀シートだけじゃ固くて寝心地は悪いです。膨らむタイプのマットがあったら大分違うんだろうな~
まぁそんなに車で寝る頻度が高い訳じゃないので、色々と買い足す予定は今のとこなく、とりあえずこれでOKです!

ちなみに7/7~8日にかけてのレポートなのですが、車内の気温はちょうどいい感じでした!(アメリカ・カリフォルニア州)
日本だと東北・北海道以外は暑くて死ぬ・・・??

まとめ

初めての車中泊、色々と発見があったので最後にまとめたいと思います!

  • 安全第一!(女性は特に!!)
  • トイレ対策はしっかりと!
  • サンルーフは安全で風が気持ちよく車中泊に最適
  • 傾斜がある場合は頭を低く、足を高く
  • タオルを枕代わりに。中に下着などを挟んでおくと便利
  • 銀シートだけでは固くて体が痛い

という感じでした~!

普段から防災を兼ねてシュラフ(寝袋)とシートを車に準備しておくのオススメです!
疲れた時にサッと寝れるし、寒い時にも寝袋は大活躍!!

それとタオルも積んでおくと色々使えて便利ですよ(^^)

実は今、車中泊から起きて車の中でブログを執筆したところです!
それでは私は今からお買い物して帰ります~♪
Have a good day :)