在宅ワークinアメリカ

アメリカのお得情報や副業・ポイ活情報などを発信中☺︎︎

アメリカ人と英語で会話が続かない!会話が続くようになるコツは?

英語はある程度できるけど、アメリカ人といざ会話をすると、話しが続かずいつも気まずい雰囲気になってしまう…


その原因はアメリカ人の文化や習慣・宗教・歴史・価値観などのバックグラウンドを知らないからかもしれません。


もっと楽しくアメリカ人と会話ができるようになるには、そういったバックグラウンドを学ぶことが近道です。

タブー

例えばタブーについて。


日本は単一民族なので人種差別について疎い方が多いと思いますが、肌の色についての話題はとてもデリケートです。


例えば、

「色が白くて美人ですね。」

と言うのは日本では誉め言葉であってもアメリカを始め、国際的にはタブーです。


理由は、この言葉の裏には

「白い肌(白人) = キレイ」

「それ以外の肌(白人以外の人種) = キレイではない」

という含みを持つからです。


「白くてキレイな肌になりたい。」

と言うのも同様。


「色が白くて美人ですね。」、「白くてキレイな肌になりたい。」などと伝えたいときは、

肌の色については指摘せず、

「You're beautiful.」、「I want to get clear skin.」などと言うのがベター。


そして可愛いものが大好きな日本人は、大人の女性に対して「可愛い(Cute)」と言うのは誉め言葉ですが、アメリカではあまりよい誉め言葉ではありません。


多くのアメリカ人女性は、知的で賢く分別のある人になりたいと考えていて、子供っぽく見られることを好まないからです。


大人の女性の容姿を褒めるときは、cuteではなくbeautifulを使いましょう。


これはほんの一例で、日本では許容されることが国際的にはタブーとされることは沢山あります。


アメリカ人に、

「色白で可愛い(cute)ですね。」

と、自分は褒めてるつもりでも、相手は不快に感じているかもしれません。


気分を害してしまったた相手と友達になることはおろか、これ以上楽しく会話を続けるのも難しいですよね。


このように様々なタブーを避けることはもちろん、宗教・歴史・教育・家庭・会社などに対する一般的なアメリカ人の価値観を知ること、そしてそれらをリスペクトすることでより円滑なコミュニケーションが図れるようになるのです。

アメリカ人と英語で会話が弾むようになるおすすめオンライン講座

アメリカ人と英語で会話が弾むようになるには、アメリカの文化やアメリカ人の価値観を知ることが重要です。


英語を学びながら同時にアメリカの文化や価値観を学べるという、ありそうでなかったおすすめのオンライン講座がこちらです。



こちらの講座は、

・動画を見る(インプット)

・小テスト(動画鑑賞後の復習)

・エッセイ(アウトプット)

という流れで、インプットするだけや問題を解くだけではなく、動画で学んだアメリカと日本の文化・考え方の違いと自分の考えを、自分の言葉で論理的にアウトプットできるのでより理解が深まります。


提出したエッセイは添削してもらえるので、ライティング力も身に付きます。


私も受講していますが、こういう質問をされたらこう返すのがベター、などというすぐに使えるTIPSも満載で、実生活でも役に立っています!


アメリカの文化を学びながら英語を勉強できてライティングも身に付くカナンアカデミー、是非チェックしてみてくださいね(^^)

あとがき


(画像はこちらで作成しました)

春に姫を出産してから毎日忙しいのですが、カナンアカデミーはPCはもちろんスマホやタブレットでも受講できるので隙間時間に勉強できて助かってます。


各クラスの最初に視聴する動画がすごく興味深く勉強になるので繰り返し何度も見てます。


これから姫が成長していき、色々な行事に参加することも多くなるので、最低限の会話の国際的マナーを身に付け、アメリカの文化をリスペクトできる、立派な国際人になりたいです(^^)/