ミニマリストinアメリカ

アメリカ人夫とアメリカ・カリフォルニア州で暮らすミニマリスト主婦のブログ

ハンガーからずり落ちない!襟ぐり広めのトップスやキャミソールのかけ方

この記事をシェアする

スポンサーリンク

洗濯物をハンガーで干して乾いたらそのままハンガーごとクローゼットに仕舞うという方法がズボラー界では定番のメソッドになってきましたね。

我が家では乾燥機を使ってるのでハンガー干しはしませんが、乾燥機が終わったらほぼ全ての衣類をハンガーにかけて収納しています。畳まないと本当に楽〜!

でもちょっぴり不満が。
胸元が大きめに開いているトップスやキャミソールはハンガーからずり落ちやすい!

そんな不満を解決する方法を見つけたので試してみました\(^^)/


現状

個人的にちょっぴり襟ぐり広めなトップスが好きです。ハンガーにかけるとこんな感じ。今にもずり落ちてきそうですね…

対策

対策はとっても簡単!
ハンガーの端に輪ゴムを巻き付けるだけ!

これだけで普通のハンガーが滑り止め付きのハンガーに変〜身✧*.

結果

早速Tシャツをかけてみました!

滑り止めなしのハンガーの場合、ハンガーを左右に5回ぐらい振るとTシャツが落ちますが、滑り止めを付けたハンガーではブンブン振っても落ちない!!

キャミソールの場合、輪ゴムがストッパー代わりになって肩紐が落ちてこない!

材料費ほぼゼロでできて大満足です
\(^^)/

おわりに


(画像はこちらで作成しました)

しばらく輪ゴムをクローゼットに常備しておこうと思います。

我が家は白のハンガーで統一しているので、輪ゴムもハンガーに合わせて白のシンプルなものが欲しくなりました。今度良さそうなのがあったら買おうかな♪

しばらくこれで運用してみて気付いたことがあったらまたレポしたいと思います(^^)

輪ゴムなら大体どのご家庭にもあると思いますので、みなさんも「滑らないハンガー」是非お試しください(^^)