ミニマリストinアメリカ

アメリカ人夫とアメリカ・カリフォルニア州で暮らすミニマリスト主婦のブログ

レモン酢の作り方と飲み方

この記事をシェアする

スポンサーリンク

大分前にブクマしてたあゆみんさん(id:addieayumi)のこちらの記事
先日、ご近所の方からレモンをいただいたのでレモン酢を作ってみました。

レモン酢の作り方

こちらがいただいたレモン
f:id:papiko8-l:20180217101315j:plain

レモンと言ってたけど、なんか違う。

アメリカだから品種の関係でなんか違うのか、それともそもそもレモンじゃないのか不明。

まぁ気にせず作ります(^ω^)


作り方はとっても簡単!

材料
レモン 2個(約200g)
砂糖 200g
酢 400cc


レモンをよく洗い、皮付きのまま輪切りにして他の材料とガラス瓶に入れよく混ぜ合わせるだけ!

f:id:papiko8-l:20180217101334j:plain

お砂糖が下にたまってくるので、その都度シェイク。

お砂糖が完全に溶けたら完成。
冷蔵庫で保存します。


冷蔵庫で一晩寝かせたのがこちら

(ちなみにきび砂糖を使っているので茶色っぽいです)

レモン酢の飲み方

そのままでは酸っぱすぎるので、3倍ぐらいに水や炭酸水で薄めて飲むのが基本だそうです。

私的にそれでも酸っぱかったので、色々と調整してみたところ、500mlのミネラルウォーターを入れたウォーターボトルに大さじ1杯程度のレモン酢を入れる、というレシピに落ち着きました

フレイバーウォーター感覚で美味しいです(゚v゚*)

それに後にご紹介する1日の摂取量の目安とも相性がいいです。

今妊娠中で水を1日2リットル飲むように指導されているので、美味しく水をいただけて助かります!

レモン酢の効能やその他レシピ

こちらのサイトをまとめてみました

レモン酢の効能

疲労回復
美肌効果
動脈硬化の予防
カルシウムの吸収を良くする効果
血圧を下げる効果

お酢の種類はどんなものでもOKですが肌への効果や美味しさを追求する場合は、リンゴ酢がオススメで、リンゴ酢に含まれるペクチンには高い整腸効果が期待でき、腸内環境の改善や肌荒れ防止の効果が期待できます。

1日の摂取量の目安

レモン酢の1日の摂取量は大さじ1杯~5杯

レシピ例

ドレッシングとして
鶏のレモン酢煮
焼き秋刀魚にスダチ代わりにかけたり
刻んでマヨネーズと混ぜてタルタルソース風に


その他に焼酎と割ってレモンサワー風にしたり、牛乳と割るとヨーグルト風になるとか。


ダイエット効果や便秘解消効果、血液をサラサラにする働きもあるそうです。


まさにスーパーフードですね!

おわりに


(画像はこちらで作成しました)

レモンだけじゃなく、色々なフルーツで楽しめるそうなので、色々作ってみたいです。

他のフルーツで作る場合のレシピの基本も
フルーツ1:砂糖1:酢2

あゆみんさんはいちご酢も作ったそうなので、私も次はイチゴ酢を作りたいです🍓

イチゴのフレーバーウォーター、美味しくない訳がない(・∀・)b