ミニマリストinアメリカ

アメリカ人夫とアメリカ・カリフォルニア州で暮らすミニマリスト主婦のブログ

残ったフライドポテトでメキシカン!フライドポテトの活用方法

この記事をシェアする

スポンサーリンク

ファーストフード店などでポテトが余ったら持って帰ってオーブンで温め直してまたいただいていました
何か他にいい活用方法ないかな〜と何となく思ってたら、あるメキシカンフードにフライドポテトが使われていたのが美味しかったので真似してみました(^^)

残ったフライドポテトの活用方法

インスパイアされたメキシカンフードはこちら。
旦那さまがたまに仕事帰りに フードトラック 屋台的な?で買ってきてくれるブリトーです

お肉とフライドポテトをトルティーヤで巻いただけの簡単でシンプルな一品。

作ってみました!

こちらがバーでチキンウィングを食べた時に付いてきて食べきれなかったポテト

チキンウィングのソースやケチャップが付いていても気にせずに使います。

こちらスーパーで買った味付きビーフ〜

そして味付きポーク〜。
真っ赤だけど辛くないです(^^)

トルティーヤにお肉とポテトをのせて、パクチーものっけてみました

左がビーフで右がポークです。

巻き巻き〜

まとめて巻いてジップロックに入れて冷凍します

(ASADA=スペイン語で牛肉の意)

いただくときはアルミホイルを取って2分ほどレンチンした後、オーブンで2〜3分温めると、カリっとして美味しいです

いただきます(*´ч`*)

レビュー!

\(^^)/うみゃい

今回使ったお肉はメキシカンスーパーで購入したタコス用のお肉だったので、トルティーヤと相性ばっちり!

激うまでした〜♡


メキシカンな味付け肉じゃなくても、焼き肉のたれやテリヤキなどなど何でも合う感じ◎

日本のスーパーでよく売ってる、牛の細切り肉とニンニクの芽が入ってて甘辛く味付けしてあるお肉とか絶対合いそう(^p^)


フライドポテトはもはやフライドポテトではなく、じゃがいも感覚で楽しむ感じ。

じゃがいもでガッツリ感もバッチリ。
腹持ちも良いので、食事としても十分満足感が得られます。


まとめて作って冷凍庫にストックしておけば、忙しい日や料理する気が起こらない日にサッと食べれて便利。


プレーンなチキンとフライドポテトで巻いて、お好みの堅めのドレッシングにディップしながらラップサラダ感覚でいただくのも◎

おわりに

f:id:papiko8-l:20180102232633g:plain
(画像はこちらで作成しました)

ファーストフード店ではもちろん、アメリカではおしゃれなレストランでもよく出てくるフライドポテト。

アメリカでは残してしまった食事はお持ち帰りするのが当たり前。
何でもジャンボで量が多いので、残さない人の方が少ないんじゃないかな〜
みんなお持ち帰りしています(^^)


前述したように、今までポテトはオーブンで温め直してまたフライドポテトとして楽しんでいたのですが、これだと賞味期限が気になって早く消費しなきゃいけない。

でもブリトーにして冷凍しておけば賞味期限も気にせず長期保存できるので楽〜!

しかも美味しい(^p^)

トルティーヤは日本のスーパーでも売ってるし、ネットでも買えます。
かさばらないし冷凍もできるのでまとめ買いが便利ですよ(^^)

手作りも簡単にできます
みなさんも是非トライしてみてくださいね(^^)