ミニマリストinアメリカ

アメリカ人夫とアメリカ・カリフォルニア州で暮らすミニマリスト主婦のブログ

赤ちゃんはいつから飛行機に乗れる?新生児〜幼児の耳抜きの方法

この記事をシェアする

スポンサーリンク

先日Kindle Unlimitedで読んだ書籍「ハワイで元気に赤ちゃんを産もう! ──妊娠・出産を南の島で快適にする方法」に
生まれたての乳児はいつから飛行機に乗れるのか
自分で耳抜きができない赤ちゃんの耳抜きの仕方

が記載されていたのでシェアしたいと思います。

耳抜きの方法は赤ちゃんはもちろん、幼児・子供〜大人まで応用できるので是非ご覧ください。


10 Tips For Flying With A Baby! My Traveling Hacks & Tips | Justine Marie - YouTube

飛行機は鼓膜が固まってから

飛行機での移動は大きな気圧の変化を人の体に与えますが、とりわけその影響を大きく受けるのが、耳です。

生まれたての赤ちゃんはまだ鼓膜が固まっておらず、これが自分で動かせるようになるまでに、だいたい4~6週間ほどかかります。

小児科医に診察していただいて、動かせることが確認できないうちは、赤ちゃんを飛行機に乗せてはいけません。

最悪の場合、上空で鼓膜が破裂します。

引用元▶ハワイで元気に赤ちゃんを産もう! ──妊娠・出産を南の島で快適にする方法

航空会社の規定では、航空会社・国内線・国際線によって違いはありますが、生後8日目以降から搭乗できるところが多いです。

でもこれは航空会社が独自に決めたもの。
ウィルスなどによる感染症・赤ちゃんの鼓膜のことを考えるとやっぱり生後1ヶ月はみておきたいですね。

耳抜きの仕方

離陸時

飛行機が滑走路に入ったら、哺乳瓶にミルクを作ります。

離陸して上空にあがるまでの15分ほどが、耳にもっとも気圧がかかるときです。

そのときに赤ちゃんにはずっと哺乳瓶で飲ませつづけてください。

ミルクを飲みこむことで、耳の中の気圧を調整し鼓膜に負担をかけずにすみます。

引用元▶ハワイで元気に赤ちゃんを産もう! ──妊娠・出産を南の島で快適にする方法

着陸時

帰国の際の着陸時も一緒です。

シートベルトサインがついて、飛行機が降下を始めたら、ミルクを飲ませてあげてください。

これで無事に日本に到着です。

日本に無事到着したあとは、念のため必ず鼓膜をチェックしに小児科へ行きましょう。

引用元▶ハワイで元気に赤ちゃんを産もう! ──妊娠・出産を南の島で快適にする方法

離着陸時の約15分間が一番耳に負担がかかります。
その間ずっとミルクを飲ませましょう。

飛行中もおしゃぶりを与えると自然に耳抜きができて安心です。

幼児・子どもの場合は、離着陸時にパックのジュースなどを与えてゆっくり飲むように言いましょう。

上空ではアメやガムなどを与えると自然に耳抜きできます。

おわりに

f:id:papiko8-l:20171011012340g:plain
(画像はこちらで作成しました)

日本国内/海外からの里帰り出産はもちろん、子供を連れての飛行機での帰省・旅行時に覚えておくと便利です。

ポイントは、
離着陸時の15分間に何かを飲ませ続ける
上空ではおしゃぶりやアメなどを与える

こと。

もちろん大人の方も活用できるので覚えておいてくださいね(^^)

レビュー記事