ミニマリストinアメリカ

アメリカ人夫とアメリカ・カリフォルニア州で暮らすミニマリスト主婦のブログ

部屋着・パジャマ、畳まない収納方法

この記事をシェアする

スポンサーリンク

以前からバスルームのドアにフックを掛けてそこに部屋着とパジャマを掛けて収納していました
畳まなくていいし、収納BOXみたいに床を占領しないので脱衣所を広く使えるし、掃除もしやすくてすっごく快適!

いつもポイポイ脱いで床に脱ぎ散らかしていた旦那さまも真似してくれるようになりました(笑)

ということでもっとフックの数が必要に。

そこで先日ウォルマート激安の殿堂で理想的なドア掛けフックを見付けたので購入しました。

部屋着・パジャマを畳まない収納方法

旦那さまが服を掛けて収納してくれるようになったので、とりあえずドア掛けフックの数を増やした状態が数ヶ月続いていました

機能的には満足でしたが、統一感のない見た目にモヤモヤ(´・ω・`)

そこで先日ウォルマート激安の殿堂で見つけたこちらの6連ドア掛けフックを購入!

早速ドアに掛けてみました!

ビフォー・アフター

う〜ん、美しい♡✧*.

ドアにとっても馴染んでます(゚v゚*)

日中は部屋着を着用、パジャマを掛けます

夜はパジャマを着用、部屋着を掛けます

スッキリ美しい✧*.!


旦那さまは今出張中でいないので、私のものだけです。


ちなみにうちは乾燥機を使っているので、洗濯は2時間ほどで終了。

部屋着もパジャマも洗い替えはなく、1着ずつしか持ってません。

なので洗い替えをしまっておく収納ケースも必要ありません。

乾燥機があれば洋服・タオル・シーツ類の洗い替えが必要なくなります。

乾燥機は、モノはもちろん、洗濯物を干す・取り込む手間、干すスペースや物干し竿やピンチハンガーなどなど、あらゆるモノやコトをミニマムにしてくれるお気に入りの便利家電。

もう乾燥機なしの生活には戻れません!

おわりに


(画像はこちらで作成しました)

脱衣所に部屋着・パジャマ・下着類・タオル類を集結させているので、わざわざ別の部屋から着替えを持ってくる手間もなく、すごく快適です✧*.

ドアに掛ける収納なら畳む手間・ハンガーに掛ける手間もゼロ。
脱いだらフックにテキトーに引っ掛けるだけです。

しかも脱衣所も広く使えて、掃除も楽で最高!

毎日部屋着やパジャマを畳むのが面倒と感じてる方、脱衣所を広く使い方はドア掛けフックに掛ける収納、是非お試しください(^^)