ミニマリストinアメリカ

アメリカ人夫とアメリカ・カリフォルニア州で暮らすミニマリスト主婦のブログ

初めてのハロウィンinアメリカ!

この記事をシェアする

スポンサーリンク

昨日は渡米して初めてのハロウィンでした!
(時差の関係で昨日です)
 
日本ではハロウィン前の週末にパリピるイメージですが、
アメリカでは正式なハロウィンの日付(10/31)の夜に仮装した子供たちが家に「Trick or Treat」しにきます!
 
私も少し仮装して、うちに来た子供たちにお菓子を配りました(^^)
 
とにかく子供たちが可愛くて楽しかったです(^^)

グノー: 操り人形の葬送行進曲

グノー: 操り人形の葬送行進曲

  • The Band of the Royal Swedish Air Force & Jerker Johansson
  • クラシック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

当日お菓子を買いに

本当は、旦那さまが出張中で1人だし、ハロウィンを楽しむ予定はありませんでした(ピンポンされても対応しないつもりだった)。

でも何となく当日思い立って、17時ぐらいに近所のスーパーへ行ってお菓子を3種類購入。
店頭にいっぱいあったハロウィン用のお菓子は売り切れ寸前でした。

軽く仮装してみた

服装は先日購入したマジックスカートを着物風に着ただけ。
メイクは、眉毛・いつもより大分太めのアイライン・口裂け女風に口角を伸ばして塗っただけの赤リップ、これだけ。
以上で簡単アジアン・ゴーストのできあがり?

ピンポンの嵐

18時ぐらいに初ピンポン。
「Happy Halloween!」と言ってお菓子をバッグやバケツに入れて配りました。
玄関周りなど全然デコレーションしてないのに、子供たちは次々とやってきます。
1時間もするともうお菓子がなくなってしまい、もう1度スーパーへ買い出しへ。

気合いを入れて4袋も買ったのに、徐々に人が減ってきて、ピンポンも減ってきました(T_T)
結局20時ぐらいで終了して、お菓子がいっぱい余っちゃいました。

お隣さんの対応

お隣さんは、ドアに
「ごめんね、お菓子を買うの忘れちゃった。また来年ね!」
みたいな手書きの張り紙をしていました。
参加したくない人はこうやって対応するのね、って勉強になりました!

ちなみにこのお隣さんは、先日ネズミのことで色々してくれたナイスガイではなく、ちょっとご年輩の夫婦。
家の造りが我が家と同じで、1Fは玄関とガレージだけ。2Fに住居スペースがあるので、ピンポンの度にわざわざ階段を降りるのが面倒だったのかもしれません?

子供たちの仮装


男の子はスーパーマンやスパイダーマンなどのスーパーヒーロー系、女の子はドレスなどのプリンセス系が多かったです(^^)

あともちろん魔女やゴーストなどの伝統的なもの、ニモ・ピカチュウ・ミニオンなどキャラクター系、メキシコの伝統衣装やカウボーイなどなど本当に多種多様。

付き添いの大人は仮装してない人が大半。でも仮装していても周りからは全然変に見られない雰囲気でした。

お菓子をもらったらすぐに消えていくし、付き添いの大人は道路で見守っていたりするので、キチンとした判断ができない子供の写真を勝手に撮るわけにはいかないので、個別写真は全然撮れず。残念。

さいごに

日本でコスプレしてパーティー!ってのも大好きなハロウィンの楽しみ方だったのですが、「Trick or Treat」も楽しかったです(^^)

来年もお菓子を準備して、少し仮装して楽しみたいと思いました!
来年は玄関周りも少しデコレーションして、子供たちをもっと呼びたいかも(^^)

以上、初めてのハロウィン体験談inアメリカでした(*^^*)