ミニマリストinアメリカ

アメリカ人夫とアメリカ・カリフォルニア州で暮らすミニマリスト主婦のブログ

【湯シャン】手持ちのヘアブラシ3本をご紹介

この記事をシェアする

スポンサーリンク

湯シャンを始めてから、ちょっとお高い良いヘアブラシで毎日丁寧にブラッシングしています!面倒くさくて丁寧じゃないときもありますが…

ラッキーなことにお高いブラシ2本はいただきもの♡
ありがたく使わせてもらってます(^^)

今回は、用途別に使い分けてる3本のヘアブラシのご紹介したいと思います(^^)

ブラシご紹介

:つげ櫛
柄の部分に名前を彫ってもらったのでモザイクしてます
:アナスイの豚毛ブラシ
お姫様っぽいデザインが可愛い♡

:100均のプラスチックのブラシ

柘植のブラシ

▼左の柘植のブラシ

これは朝、髪の毛を整える用。
腰まであった髪を肩上までばっさり切って後悔している私。
キレイな黒髪が早く伸びますようにと願いをこめて、毎朝ヘアセットをしています(^^)

古代から日本人の美しい黒髪に愛用されているつげ櫛。
ツバキ油を染み込ませて使うのでブラッシングするたびに髪がつやつやキレイに♡
普通に買うと1万円以上するこのブラシはいただきもの(^^)

ANNA SUIの豚毛ブラシ


湯シャン成功の秘訣はブラッシングにあると言っても過言ではありません!
湯シャン前には獣毛ブラシで100回ぐらいブラッシングして、髪の毛に付着した皮脂汚れやフケやホコリをしっかりと取り除きます。
予め汚れをしっかりと取ることによって、お湯だけでキレイに洗髪できるようになります。
湯シャンで髪のベタつきが気になる方はブラッシングが足りてないのかも?

10年前ぐらいに友人から誕生日プレゼントでもらったもの。
3,000円ぐらいなのでブラシとしてはちょっぴりお高いですが、シャンプー代と考えたらコスパいいですよね(^^)
レビューもすごくいいので是非ご覧ください!

100均のブラシ


髪の毛が腰まであった時に、まずは目の荒いこのブラシで髪の毛をほぐしてから目の細かい獣毛ブラシでブラッシングしていました。
ようやく肩下まで伸びてきたものの、まだまだ出番なしです。
髪が胸ぐらいまで伸びるまで待機かな(^^)

まとめ

ヘアブラシが3本もあるなんて全然ミニマリストっぽくないですが、それぞれちゃんとした役割があり、このブラシたちのおかげでシャンプーもコンディショナーもいりません。

つげ櫛に染み込ませた天然の椿油のお陰でトリートメントいらずでつやつや!

ヘアケア用品にかけていたお金や場所を考慮すると、とってもミニマルだと思いませんか(^^)

関連記事