ミニマリストinアメリカ

アメリカ人夫とアメリカ・カリフォルニア州で暮らすミニマリスト主婦のブログ

ミニマリストだけどクリスマスツリーを断捨離しない理由

この記事をシェアする

スポンサーリンク

先週サンクスギビングも終わり街はすっかりクリスマスムードのアメリカ。

ご近所でも家の外装・庭にクリスマスのデコレーションをして、夜ピカピカと輝いています。

先日、我が家もリビングにクリスマスツリーを飾りました✧*.

今回は我が家のクリスマスツリーと、ミニマリストだけどクリスマスツリーを断捨離しない理由をご紹介します!

我が家のクリスマスツリーご紹介

こちらが我が家のクリスマスツリー。
トレディッショナルな深いグリーンにスノーフレークとライトが付いていてすごく気に入っています(^^)

これにオーナメントをデコレーションして、テレビの下にストッキング靴下を家族の人数分飾りました

アメリカ人の旦那さま曰く、オーナメントを全部飾った後、最後にツリートップを飾るのが正しい飾り方らしいです

オーナメントを控えめに飾った結果、こんなに余ってしまいました

ツリーを仕舞うとき見直ししようかな。


我が家のツリーは旦那さまより背が高くて私的にすごく大きく感じますが、アメリカでは小さい方です

一般的な家庭ではこのくらいの大きさが当たり前っぽいです!

DECORATE WITH ME! CHRISTMAS 2017 HOME TOUR - YouTube

もしアメリカに永住することになって家を買ったら、もっと大きいサイズのツリーが欲しいです✧*.

ミニマリストだけどクリスマスツリーを断捨離しない理由

自称ミニマリストの私は、ツリーの断捨離を考えたこともありますが、やっぱり断捨離しないことにしました。

理由は、

アメリカではお正月の飾り付けがないので、ツリーがその年の終わりと新しい年の訪れを感じさせてくれる存在。
自然とその年のことの物思いにふけったり、年末を意識するようになり気持ちも引き締まります。

出して飾って仕舞うという1連の作業1回でサンクスギビング感謝祭が終わった11月下旬〜1月上旬ぐらいまで長く楽しめるので、作業量的にミニマム。

クリスマス以外にデコレーションを特にしないので年に1度の楽しみとして。

毎年クリスマスの日にツリーの前でたくさんのプレゼントと一緒に撮る写真も楽しい思い出になる

といったところです。


家のデコレーションはクリスマスだけ!と決めておき、他のイベントを削ぎ落とせば、1年の中でクリスマスが強調されて逆にミニマムだと思います。


ということで私の中で今後もクリスマスツリーを断捨離することはなさそうです。

おまけ

サンクスギビング前から店頭に並び始めたアグリーセーターも、ホリデーシーズンに入り種類・陳列エリア共にどんどん拡大していっています!


二人で1つのセーターを着用するアグリー&ファニースタイル(笑)

ライトアップするタイプ✧*.
f:id:papiko8-l:20171129045047g:plain

日本でも若い世代を中心にホリデーシーズンにアグリーセーターを着るのがジワジワ広がってるようで、インスタにもいっぱいあがってますよね(゚v゚*)

日本でもハロウィンに仮装するのが一般的になったように、ホリデーシーズンにアグリーセーターを着るのが定番になると面白いですね(^^)

おわりに

f:id:papiko8-l:20171129052610g:plain
(画像はこちらで作成しました)

今年も後1ヶ月!

早いですね!!

来年は人生の最大のイベント、出産・育児が控えています✧*.

来年のクリスマスにはテレビ下に小さなストッキングが1つ増えて、ツリー下のスカートにはおもちゃ(プレゼント)の山ができるんだろうな(゚v゚*)ワクワク