ミニマリストinアメリカ

アメリカ人夫とアメリカ・カリフォルニア州で暮らすミニマリスト主婦のブログ

毎日部屋着とパジャマを畳むのが面倒なので、畳まなくていい着替え場所を作りました【チェンジングステーション】

この記事をシェアする

スポンサーリンク

私は1日2回着替えます。
朝起きたらパジャマから部屋着に、夜お風呂のときに部屋着からパジャマに。

毎回キチンと部屋着・パジャマを畳むようにしていたのですが、徐々に畳むのが面倒になり、次第にベッドの足元のオットマンに寝かせるのが日常に…

モノを置かないように心掛けていると、ちょっとモノがあるだけで気になってくるんですよね~

ということで、畳まなくていい着替え場所、チェンジングステーションを作ったのでご紹介します

部屋着・パジャマについて

私は引きこもり専業主婦なので、一日中部屋着兼パジャマ(可愛くて楽チンで近所にお出かけもできるようなもの)でもいいのですが、オン・オフを分けたいので部屋着とパジャマを分けるようにしました。

それに例え近所でも、外に出た洋服でベッドに入るのは何となく気持ち悪いんですよね~

部屋着履くだけで痩せる!的な少しピタッしたもの1セットを制服化。
身も心も引き締まります!
これで家事・仕事(ブログ執筆など)・勉強(英語)・来客対応・スーパーでのお買い物などをこなします

パジャマはゆるゆるで素材もふんわりしたリラックスできるもの。
家の中だけなので、派手なポップな柄も楽しめる♪
今はハーレー・クインのものを愛用中♡

部屋着とパジャマは1セットずつしか持ってないので、毎日同じものを着ています(夏以外)。
(洗濯後はいつも乾燥機にかけるので洗い替えが必要ない)

前置きが長くなりましたが、
そんな私の部屋着⇔パジャマのチェンジングステーション、ご紹介します\(^^)/

チェンジングステーションご紹介

バスルームの脱衣所のドアにフックを掛けて

フックの左側にパジャマ、右側に部屋着、ドアノブにハンパー(洗濯かご)を掛けます

朝起きたらパジャマを脱いで左側に掛け、右側に掛けてある部屋着に着替えます

お風呂に入るときは部屋着を脱ぎ右側に掛け、お風呂から上がったら左側に掛けてあるパジャマに着替えます

壁掛け(ドア掛け)すれば畳む必要なくてラク〜♪
それに部屋着やパジャマは多少型崩れしても気にならないし、バスルームなら多少ゴチャっとしてても許せます(^^)

脱衣所のドアにドアフックを付けるだけでしたが、こんなに快適になるとは思いませんでした〜!

動線がシンプルに♪

前はバスルームの脱衣所に部屋着・パジャマの置き場所がなく(収納グッズを増やしたくなかったし)、バスルームとベッドルームを行ったり来たりしていました。

でも今は全てがバスルームで完結♪
畳む手間がなくなったのも嬉しいですが、動線がシンプルになってすごく快適になりました!

ドアフックなら床に収納グッズを置く訳じゃないので、スペースそのままでお掃除も楽々!

以前は床に置いてたハンパーも、ドアノブに掛けよう!とひらめき、やってみるとお掃除が更にラクになりました〜(^^)

壁掛け(ドア掛け)収納おすすめです\(^^)/

おわりに


(画像はこちらで作成しました)

チェンジングステーションを作って服を畳まなくていい仕組みを作った結果、1日2回服を畳む作業から解放されました!

ドア掛けフックは100均にもオシャレなのがいっぱいあるし、3coinsショップに行けばもっとしっかりしたものもいっぱいあります。

服を畳むのが苦手な方、ドアフックを活用した部屋着とパジャマのチェンジングステーション、是非お試しください!

快適すぎてもう元には戻れなくなっちゃいますよ\(^^)/