ミニマリストinアメリカ

アメリカ人夫とアメリカ・カリフォルニア州で暮らすミニマリスト主婦のブログ

【対策】女の子なのに男の子と間違われる赤ちゃん

この記事をシェアする

スポンサーリンク

赤ちゃんの性別って顔だけでは判断しづらいですよね。


もうすぐ3ヶ月になるうちの姫も結構男の子に間違われます。


髪の毛が生えそろうまでは仕方がないかな~と思いつつ、

間違われるとちょっぴり凹んじゃいます囧


間違えた方も気まずそうな感じ。


お互いが気持ちよく会話できるように対策法を考えてみました!

ピンクや花柄など女の子らしいものを身に着ける

生後2ヶ月ぐらいから外出するようになり、最初はあまり気にせずにワンジーロンパースや肌着だけでお出掛けしていたのですが、

それだと男の子に間違われることが結構あって…


私の中では完璧に女の子なのに他の人には男の子に見えることもあるんだ、とちょっとビックリ。

(*そう言われると確かにユニセックスな感じ*)


私はちょっぴり凹んじゃうし、聞いてきた相手も申し訳なさそうで、ちょっぴり気まずい雰囲気に…


この気まずい雰囲気を打破するのには、まずは私がきちんと対策するのが一番。


と、お出掛けの時はピンク系のものや可愛い柄ものを着せるようにしました。


でも抱っこ紐で抱っこしていたり、ストローラーベビーカーに乗せてると服が隠れて、また「男の子ですか?」と聞かれる…


なので今度はヘッドドレスや帽子で頭を装飾。


これでちゃんと女の子に見られるようになりました♡


お気に入りはこちらの大きなピンクのお花のヘッドドレスと、


白のボンネット。


両方とも楽天で購入、出産前後のお手伝いに渡米してくれた父に持ってきてもらいました。

(*画像をクリックすると商品ページへいきます*)


女の子なのに男の子と間違われる赤ちゃんは、洋服じゃなくて頭を飾ってあげるのが一番ですね(^^)

赤ちゃんの性別を聞くときは「女の子ですか?」が常識?

赤ちゃんの性別を聞くときは、

まずは「名前は何ですか?」と聞いて探りを入れ、

どっちともとれる名前だった場合は、

とりあえず「女の子ですか?」と聞くのがベター。


女の子が男の子に間違われるとママはちょっと悲しくなりますが、

男の子が女の子と間違われてもママはあまり傷つかない(らしい)。


というか、むしろちょっと嬉しい(らしい)。


これは自分が体験するまで気付かなかった!


今後はこういう会話をする機会が増えるだろうし、

この作戦でいきます!

あとがき


(画像はこちらで作成しました)

帽子やヘッドドレスは可愛いのですが脱げやすいのがネック。


でもボンネットなら首で結ぶので脱げにくくて気に入っています。


それに日焼け防止にもなるし、見た目もスーパー可愛いです♡


ボンネット、もっと欲しいです(^^)/